スポンサーリンク
運用成績

日本株と仮想通貨は調整懸念!?今週の損益は?~2020年12月4日引け後~

運用成績
スポンサーリンク

こんにちは、ゆうちゃんです。

今回は、日本株と仮想通貨は調整懸念!?今週の損益は?~2020年12月4日引け後~についてお話します。

 

まずは今週も、今後の株式市場に影響を与える新型コロナについて世界の新規感染患者数について確認します。

出典:worldometers.info

2020年12月4日における全世界の1日あたり新型コロナ新規感染者数は68.4万人でした。またまた、世界的に新規感染者数の増加傾向となっています。

1日あたりの新型コロナ新規感者数における国別のTOP3は、アメリカ、ブラジル、インドです。アメリカは23万人超となり全世界における新規感染者数のうち、3分の1がアメリカとなっています。トルコも急増中で3万人を超えました。

また、日本における1日あたり新型コロナ新規感染者数は2,405人となっており世界で39番目です。年末年始の過ごし方で明暗が分かれそうな気がしています。

2021年夏頃までに10種類の新型コロナワクチンが利用可能となる見込みです。新型コロナの脅威は無くなり、航空、ホテル、百貨店、クルーズ、エネルギーなど新型コロナ前の水準と乖離がある銘柄の上昇が続くと予想しています。

スポンサーリンク

日本株&仮想通貨の状況は!?

日本株の保有状況(全体)

こちらは今週末の状況です。

こちらは先週末の状況です。

今週は保有株に変化なしです。収支は+38,000円でした。

日本株の保有状況(個別)

保有中

マルマエ(6264)200株

【時価総額】 139億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり
【事業割合】 半導体関連部品79%、FPD関連部品16%
【特色】 液晶、半導体、太陽電池製造装置の精密部品加工業
【特記事項】 2021年8月期は中国のメモリなど半導体投資と大型液晶投資拡大背景に、金属加工は半導体装置、液体装置向けともに順調
【予想PER】 2020年8月期17.4倍、2021年8月期13.8倍
【一言】 TOWAと同じく中国の半導体向けです。引続き需要堅調か!?

TOWA(6315)200株

【時価総額】 313億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり
【事業割合】 半導体製造装置87%、ファインプラスチック成型品6%、レーザー加工装置7%
【特色】 封止や切断加工など半導体後工程用製造装置大手。精密金型製作に競争力。
【特記事項】 中国の半導体、電子部品増産投資が拡大。封止装置は好採算のコンプレッション型中心に出荷。5G向けやメモリ増産続き後半も装置出荷拡大。中国の電子部品メーカーターゲット。
【予想PER】 2021年3月期19.7倍、2022年3月期9.6倍
【一言】 活況である中国の半導体向けです。5G向けも需要高まればさらに高値期待!

TVE(6466)200株

【時価総額】 47.8億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり
【事業割合】 バルブ81%、製鋼13%、除染6%
【特色】 バルブ製販とメンテが主軸。PWR原発向けバルブに強い。
【特記事項】 柱のバルブ事業は好採算の原発が定期点検5カ所完了。メンテナンスも増加。
【予想PER】 2021年3月期6.4倍、2022年3月期5.2倍
【一言】 長期的な成長が課題となるが技術に裏付けされた安定したビジネスをしています!

USEN NEXT HD(9418)200株

【時価総額】 842億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり
【事業割合】 店舗サービス27%、通信22%、業務用システム12%、コンテンツ配信19%、エネルギー17%、メディア3%
【特色】 店舗・施設向け音楽サービス、動画配信、格安スマホ等提供
【特記事項】 2021年8月期は音楽配信が停滞。動画配信は大幅増加。通信もIoT商材軸に順調増。
【予想PER】 2020年8月期18.9倍、2021年8月期18.4倍
【一言】 動画配信事業の行方に注目!伸びなければ即売却です!

エフオン(9514)200株

【時価総額】 241億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり
【事業割合】 グリーンエナジー96%、省エネ支援サービス4%
【特色】 省エネ支援と木質バイオマス発電が2本柱
【特記事項】 前期稼働の壬生発電所が通期貢献、燃費コストを抑えて採算良化
【予想PER】 2021年6月期6.9倍、2022年6月期7.3倍
【一言】 好業績、チャート良好、バイデン関連、であり楽しみです!

出典:四季報夏号 2020年3集他

 

保有する銘柄は、四季報2020秋号の全ての銘柄に目を通して50銘柄を選び、更にその中から吟味して購入しています。50銘柄を選んだプロセスや50銘柄のパフォーマンスはこちらでご紹介しています。↓↓

 

仮想通貨

オンライン決済大手のペイパルが仮想通貨による支払いサービスを始めると発表をきっかけに暴騰したビットコイン、ビットコインに引っ張られて暴騰したイーサリアムとリップルは横ばいで推移しています。

急落のリスクもありますのでリスクオフにしています。

仮想通貨リップル(XRP)15000リップル⇒5000リップル

【現状】

こちらはビットコインの4時間足です。三角持ち合いになっています。

こちらはリップルの4時間足です。三角持ち合いになっています。

今後の方針としてはビットコインとリップルの三角持ち合いをどのように抜けるかに注目です。上に抜ければ追加、下に抜ければポジションはこのままにしようと思います。

2018年に付けた400円に再び到達する夢を抱いてます。

 

スポンサーリンク

元手300万円どうなった!?&資産ポートフォリオ!

元手300万円はどうなった!?

現在、元手300万円は、4,323,334円です。先週11月27日比+127,179円となりました。2020年4月にスタートした元手300万円比+44.1%の+1,323,334円です。

+127,179円の内訳は、日本株+38,000円、仮想通貨リップル+89,179円です。このまま順調に12月中に元手300万円比で+150万円を達成したいです。

リップルの利益は、先々週456,772円、先週427,905円となり、今週89,179円、974,856円となりました。

リップルは三角持ち合いを上に抜けたら、さらに利益を取りに行きます。

資産ポートフォリオはこうする!

資産ポートフォリオは、日本株1,497,000円、仮想通貨312,195円、現金2,514,139円です。

今週は、日本株34.6%、仮想通貨7.2%、現金58.2%、の割合となっています。

仮想通貨が三角持ち合いになっていること、日本株は日経平均が急騰したことで調整懸念もあり、なかなかポジションを取りづらくなっておりますので、日本株と仮想通貨で計40%、現金比率が60%程度となっています。

(先週の資産ポートフォリオは、日本株34.8%、仮想通貨20.5%、現金44.7%、の割合でした)

スポンサーリンク

最後に

日本株投資は、6315TOWAが絶好調で評価損益率は+61.28%となっています。

6264マルマエも直近高値の1,244円を超えればTOWAのような右肩上がりで2倍株を目指すと期待しています。

2倍株を量産して資産を増やしていきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本ブログでは、以下の2点に関して取り組んでいます!必ずや経済的自由を手に入れます!

①2020年4月より『元手300万円から1億円を目指す(短期投資)』

⇒本記事

②2020年7月より『米国ETF長期積立投資で1億円を目指す(長期投資)』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後とも『ゆうちゃんの投資ブログ』を宜しくお願いします~!!

 

先週の日本株&仮想通貨の取引銘柄と収支はコチラ★ ↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました