スポンサーリンク
株式投資全般

【短期投資】2020年8月28日引け後 保有資産の状況を公開!資産ポートフォリオはこうする!

株式投資全般
スポンサーリンク

こんにちは、ゆうちゃんです。

 

本ブログでは、2020年4月より『元手300万円から1億円を目指す(短期投資)』、2020年7月より『米国ETF長期積立投資で1億円を目指す(長期投資)』の2本立てで取り組んでいます。必ずや経済的自由を手に入れます!

 

今回は、【短期投資】2020年8月28日引け後 保有資産の状況を公開!資産ポートフォリオはこうする!についてお話します。

昨日は、安倍首相の辞任があり、日本の株式市場にインパクトがありました。8月28日(金)の日経平均は-326円で取引終了となっています。日経平均先物をみていても大きな動きがないことから首相辞任を材料とした更なる下落はあまり懸念していません。

 

今回も株式市場に影響を与えている新型コロナ感染症についてみていきます。

世界における新型コロナの新規感染者数です。

出典:worldometers.info

2020年8月28日における全世界の1日あたり新型コロナ新規感染者数は28.4万人です。直近1ヶ月は、およそ20~30万人のレンジで動いています。世界的にはだいぶ落ち着いてきた印象ですが、インドが引続き増加している傾向です。1日あたり新型コロナ新規感者数における国別のTOP3はインド、アメリカ、ブラジルです。

また、日本の1日あたり新型コロナ新規感染者数は905人となっており世界で35番目です。日本の新規感染者数も落ち着いてきています。

世界、日本ともに新型コロナ新規感染者数はピークを越えたかもしれません。ワクチンもできてくるとなれば、金融緩和された大量の資金が株式市場に流れてくるかもしれません。日本株投資を再開しています!

 

アメリカ大統領選挙に関しては2020年11月の選挙までに株式市場へインパクトがある経済政策などが打たれるかどうか注目しています。

 

スポンサーリンク

【2020年8月28日引け後】保有資産の状況を公開!

日本株の保有状況(全体)

バルクホールディングス(2467)1,500株

アプリックス(3727)500株

イーエムネットジャパン(7036)200株

旭情報サービス(9799)200株

世界的に新型コロナが落ち着いたこと、米国市場が好調であること、決算により新型コロナの影響が把握できてきたこと、を踏まえて日本株を再開しています。

日本株の保有状況(個別)

バルクホールディングス(2467)1,500株

新規追加

【時価総額】 22億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり
【事業割合】 セキュリティ37、マーケティング63
【特色】 個人情報保護や情報セキュリティのコンサルと市場調査が柱
【特記事項】 定額制のセキュリティ動画提供で大口受注、赤字の米国施設を分離して採算大幅改善、脆弱性診断サービス伸びる
【予想PER】 2021年3月期 – 倍、2022年3月期11.6倍
【一言】 2018年頃にテンバガーとなった銘柄。週足チャートで短期のMA(9)が長期のMA(26)を上に突き抜けています。上昇するなら保有継続します。

アプリックス(3727)1000株⇒500株
⇒15%程度上昇したので半分利確して、もう半分は保有継続

【時価総額】 54億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり&営業利益黒字化
【事業割合】 テクノロジー70、ソリューション30
【特色】 IoTに資源集中して再建、MVNO事業に19秋から進出
【特記事項】 MVNO事業のスマモバ社が通期貢献、IoT受託開発着実増、スマモバ社のWiFi端末が契約急増
【予想PER】 2020年12月期106.1倍、2021年12月期21.6倍
【一言】 第2四半期決算を通過しました。業績好調の連結会社スマモバ社のMVNOやWiFi事業に注目です!PERは高いですが、黒字化して利益右肩上がりで上昇していく可能性もあるので期待しています!

イーエムネットジャパン(7036)200株

新規追加

【時価総額】 34.5億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり
【事業割合】 インターネット広告100
【特色】 検索連動型広告、運用型ディスプレー広告
【特記事項】 ECサイト向けは好調、育成中の広告運用内製化支援コンサルも需要伸長、新規営業は出稿意欲旺盛な地方スーパーに重点
【予想PER】 2020年12月期14.4倍、2021年12月期11.9倍
【一言】 巣ごもり消費でインターネット広告のニーズは高まっていると考えています。材料のない上昇がきています。

旭情報サービス(9799)200株

新規追加

【時価総額】 98.1億円
【業績予想】 売上利益右肩上がり
【事業割合】 ネットワークサービス80、システム開発17
【特色】 独立系情報サービス会社、企業内ネットワークシステムの構築運用
【特記事項】 RPA・IoT・AI関連は新規受注積極化
【予想PER】 2021年3月期11.1倍、2022年3月期10.3倍
【一言】 業績安定成長中の割安銘柄です。

 

保有する銘柄は、主に以下の点を注意して四季報から探しています。

・時価総額100億以下か?
・予想売上と利益は上昇しているか?
・営業利益率は10%あるか?
・ビジネスモデルは業績向上が期待できるか?
・コロナ禍でも業績は計画通り推移するか?
・社長が大株主か?
・予想PERは割高ではないか?
・直近の株価が急騰していないか?

上記を確認して個別株を買っています。

 

仮想通貨

仮想通貨は直近1ヶ月ほど横ばいまたは下落トレンドとなっているため少しだけ保有して様子見の状態です。

仮想通貨リップル(XRP)15000リップル⇒5000リップル

【購入理由①】
・リップルは、ビットコイン、イーサリアムに次ぐ時価総額。ビットコイン、イーサリアムが急騰して2020年2月に付けた直近高値を抜けていますが、リップルは直近高値を抜けられておらず割安感があります。

【購入理由②】
・リップルは、2018年からの抜けられていなかったレジスタンスラインをブレイクしました。ここから人気化して大きな上昇圧力があると考えています。

【現状】

・現在29円近辺ですが、28円あたりを割るとどこまで下落をするか分からないチャートになっています。引続き5000リップル保有して様子見をしていきます。

リップルに関して過去の記事で紹介していますのでご興味あれば合わせてご覧ください! ↓↓

 

米国ETF長期積立投資

本記事で報告しています短期投資以外にも、米国ETF長期積立による長期投資も行っています。米国ETF長期積立にご興味ある方はぜひこちらもご覧ください!

 

スポンサーリンク

資産ポートフォリオはこうする!

現在、元手300万円は、2,901,005円です。(8月22日比+320円、元手300万円比-98,995円)

 

ポジションは、日本株1,123,700円、仮想通貨リップル144,793円、現金1,632,512円です。

今週は、日本株38.7%、仮想通貨5%、現金56.3%、の割合となっています。

先週は、日本株6.7%、仮想通貨15.7%、現金77.6%、の割合でした。仮想通貨を減らして、日本株を増やしています。

安倍首相辞任ショックはありましたが、NYダウ、日経平均、マザーズ指数は安定してきているので日本株への投資を増やしていこうと考えています。

スポンサーリンク

最後に

日本株への投資は、四季報を読み込んで銘柄を絞っています。時価総額100億円以下の50銘柄に絞って新規の追加をしています。50銘柄はまたご紹介させて頂きます。

世界における新型コロナもピークに達している可能性も考えながら今までより積極的に投資をしていきます!

タイトルとURLをコピーしました